乾燥に要注意

こんにちはgemini

b.t.Bの井坂ですriceball 暑さも徐々に穏やかになり秋っぽくなってきましたね。

『紫外線』に引き続き、冬本番になる前に『乾燥』の注意点対策についてお話します。 

 

空気が乾いたこれからの季節は顔や身体だけでなく毛髪頭皮にも影響を及ぼします。

早めに対処することをおすすめします。

 

まずは毛髪のダメージについて…flair

健康な毛髪は12%~13%の水分保持をしています。  %を下回ると表面のキューティクルが剥がれダメージにつながります。キューティクルが剥がれた部分から、毛髪の内部の水分までが出てしまいさらにダメージが進んでしまいます。

  194_2.gif

(1)キューティクルが整った健康な髪(2)キューティクルが傷んだダメージヘア(3)キューティクルが剥がれ線維がむき出しな髪

 

次に頭皮のダメージについて…flair

健康な頭皮の内部には30%の水分が含まれています。皮膚表面の角質は0.02㎜という薄さですが、15~20%水分を保持し外部の刺激を緩和しています。角質層に20%の水分があると「うるおいのある肌」、10%以下になると「乾燥した肌」になります。memo_0015.jpg

 

髪の乾燥よりも、 頭皮の乾燥のほうが注意が必要です。

髪はダメージした部分をトリートメントで保護できますが、頭皮は乾燥することでバリア機能が失われ、かゆみやふけ、炎症などが現れます。

その結果髪を生み出す毛根が損傷し、抜け毛薄毛につながります。                                

原因として…flair  

空気の乾燥 typhoon        →エアコンによる室内は空気がカラカラ!

静電気による表面の損傷thunder →ブラッシングにより摩擦がおき、2万ボルトの電流が流れダメージ!

誤った潤い補danger     →乾燥する時、髪や顔に水をスプレーする人がいますが、逆効果です。

一時的には潤いますが、体温で水分が蒸発する際内部の水分を一緒に蒸発させてしまうからです。                                                                     

                         ↓

              ↓

 

     髪や皮膚の潤いは内部に閉じ込めることが大切です。              

そこでぜひこれからの季節使っていただきたい商品は…

                    次回柳澤が詳しく説明させていただきますpig                                                                       

                           illust434.png